リーディングの基本とは?

「読む」と「訳す」は違うこと

大学受験の英語指導で定評のあった故伊藤和夫先生は、常々「英語を読むのと訳すのは違う事」と仰っていました。

私は当時、一回の受験生でしたから、先生の言うことが全くわからなかったのですが、大学へ進学して英語研究に携わるようになってから、少しずつこの言葉の意味を理解できるようになった気がします。

例えば、以下の様な例文があったとしましょう。

He went there to meet his friend.
彼は 友達に会うために、そこに向かった。

上記の例文を英語の語順通りに訳すと、「彼は、行った、そこへ、ために、会う、彼の、友達」となり、この文章を目にした人は、意味は把握できるかと思います。しかし、日本語の文章としては明らかに不自然と感じるでしょう。この「意味は把握した」という段階までが「読む」という作業です。

その後、その文章を目にした多くの人が理解しやすいように、自然な日本語の語順で整理する必要があるわけです。これが「訳す」という作業です。

先ほどの訳文を見ていかがでしょうか?これだけ簡単な文章であれば、わざわざ「訳す」作業まで落とし込まなくても、「読む」だけで意味が把握できると思いませんか?

実は、リーディングにおいて最も重要なポイントは「英語の語順通りに読む」ことです。日本人は、英文を読む、頭の中で日本語に翻訳してから理解する傾向があります。 英文をみて頭の中で日本語に訳し、日本語の語順でそれを理解しようとする・・・そのため、英語圏以外の外国人と比べても、日本人は英文を読むスピードが遅くなる傾向にあります。

「返り読み」を少なくする

英語を和訳すると、「to meet his friend」の部分は文章の後半に位置しているのに、訳すと「”友達に会うために”そこへ向かった」といった感じで、文章の前半に位置しています。これを「返り読み」と言います。日本語は動詞が文章の最後に置かれるのが普通ですので、日本語に訳す場合は、英語の語順に関係なく、名刺や修飾語を前半に置き、最後に動詞を置く作業が必要になるわけです。

もちろん、翻訳をする場合は、これでOKです。しかし、英語を「読む」のであれば、これは1つ問題があります。それは「わざわざ頭の中で訳していると時間がかかる」という点です。そのため、リーディングのスピードを上げようと思ったら、「英語の語順通りに理解する」というトレーニングを重ねる必要があります。

この語順に慣れないと、ネイティブと対等に『読み、聞き、話す』ことができるようになりません。 英文を読む際には、できるだけ英語の語順で意味を理解していくよう努めましょう。

リーディングの学習素材

リーディングを学ぶ初心者の方は、「英語真っすぐリーディング講座」がオススメです。書籍と比較して内容が決め細かいこと、分からないところをすぐにメールで質問できますので、疑問点をすぐに解消できるメリットがあります。基礎からキッチリ学ぶタイプの教材ですので、リーディングにつまづいている方や独学で学ぶ自信が無いという人向けの教材です。

公式サイトでは、教材のサンプルを無料で入手できるので、興味がある人は請求してみることをオススメします。

ある程度の基礎力はあるが、なかなかトレーニング用の素材が見つからないと言う方は、「スーパーエルマー」がオススメです。

こちらは音声を文節ごとに理解できるようにしていますので、数多くの素材をこなしてトレーニングしたいという方にオススメです。初心者用と中級者用の「VOAコース」と中級者・上級者向けの「CBS NEWSコース」がありますが、始めの段階であまり負荷をかけるのも考えものですので、学習の進んだ中級者でも「VOAコース」で十分でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ