多読と精読を組み合わせる

英語のリーディングは精読と多読の組み合わせ

英語のリーディングスキルを鍛えるには、とにかく英語の文章を読むことが重要です。読書好きの人は、読解力を鍛えようとして鍛えているのではなく、多読を通じて自然に読解力が養成されているのです。

「とにかく読む」というのが、語学における読解力養成の基本なのですが、より効果的にリーディングスキルを伸ばすためには、精読も欠かせません。

何故かというと、英語を一読して全てを理解できるほど、我々は英語という言語に精通していないからです。ですので、多読を重ねる前に、精読を通じて、自分が英語を理解するプロセスを確認していく必要があるのです。

多読は、多少分からないことがあっても気にせず、全体的に意味を捉えることが出来ればOKですが、精読はきちんと全ての意味を把握して読み進んでいきます。

日本語で本を読む時には、基本的には多読のスタイルです。一つの本の内容を完璧に理解するというのは日本語でも、そうはありません。内容が難しくなればなるほど、その傾向は強くなります。例えば、新聞などは、斜め読みする方がほとんどだと思います。一言一句、全てを完璧に理解して、新聞を読み進めている人などいないでしょう。

英語では、外国語を学習しているという部分では、精読がある程度、重要視されますが、やはり基本的な読み方を身につけたら、多読をしていくのが良いと思います。仕事や日常生活で英語を使うという場合には、ある程度の速さで読むことが出来なければ使い物に鳴らないからです。

そこで、多読を通じて、素早く文章を読んで概要を理解する能力を磨くというわけです。精読することで英語の細かい知識を学び、多読で速読法を習得する。こんなイメージです。

精読と多読、両方ともに重要です。TOEICや英検などの資格試験でも、両方の読み方が求められていますから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ