発音の重要性を認識しよう

海外旅行や出張などで、実際に海外に出たことがある方であれば、日本で習った英語がいかに通用しないか実感している人も多いことでしょう。

「日本人が話す英語が海外で通じない」、これはひとえに発音に問題があります。ですから、正しい発音を学ぶことはとても重要です。

日本人が英語の発音に苦労している原因は、カタカナで書かれたルビを読んで、英語を発音しようとするからです。しかし、英語の正確な発音は、カタカナでは表現しきれません。

例えば、LとRの音の違いは、中学生の時に嫌と言うほど強調されたでしょう。また、SとTHなども日本人の苦手な発音と言われています。「sink(沈む)」と「think(考える)」は全然異なる意味ですが、カタカナで表すと両方とも「シンク」になってしまいます。

このように、些細な違いかも知れませんが、発音の仕方で全く違う意味の単語になることもあるので注意が必要です。

発音を学ぶには、きちんとした学習が必要

英語の発音は、日本人の場合、きちんと発音の知識を勉強しなければ理解することは出来ません。

ネイティブの発音を見様見真似でというのは、かなり難しいです。その都度、「これはどうやって発音するの?」などとお伺いを立てているようでは、聴かれた方もウンザリするでしょうし、体系的な学習でないため、記憶にも残りにくいものです。

幸い、日本には英語の発音を学べる本や教材がたくさんあります。それらを有効利用するのが良いでしょう。

やってみるとわかりますが、キチンとした発音を身につけるのは、それほど難しいことではありません。ちょっと勉強するだけでも、自分の発音が変わったことを実感出来てますし、ネイティブにも通じるようになり、英語を聴き取る力もアップします。

これは取り組む決意次第で大きく変わる分野ですので、発音に苦手意識を持っている方も、是非、嫌がらずにトライしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ