英会話スクールの使い方

英語を勉強しようと思ったとき、誰しも英会話スクールに通う事を考えるのではないでしょうか?

もちろん、英会話スクールに通う事自体は決して悪いものではなく、活用の仕方によっては、とても有意義な学習ツールになる存在と捉えています。

私自身、小学校の頃から幾つかの英会話スクールに通ったことがあるのですが、それなりに役立ったという印象を持っています。

その一方で使い方を間違えると、殆ど効果はないものです。

英会話スクールを大雑把に分類すると、2つのタイプに分かれます。

一つはフリートークを中心とする会話重視のスクール、そして、もう一つは学校で勉強をするようなお勉強型のスクールです。

あなた自身の実力や目的によって通うべき英会話スクールのタイプが違ってきます。

初心者で英語のことは殆ど何も分からない、若しくは英語から離れて相当な時間が経過していると言うような方の場合、じっくり基礎を学べるお勉強型のスクールがオススメです。

また、ある程度の知識は身に付けているが、英語を口に出す機会に恵まれない、重点的に会話能力を鍛えたいという人はフリートーク中心のスクールがおススメです。

ただ、どちらのタイプのスクールに通うにしても、そこで学ぶだけでは英語は上達しないということを知っておく必要があります。

なぜなら、自宅で自分一人で勉強する独学の時間は絶対に必要だからです。

特にフリートーク中心のスクールは会話能力を特化して伸ばす事は出来ますが、別途、語彙力や文法といった基礎知識の強化も必要です。しかし、それらの知識について学ぶ機会は極めて限定されているので、別途、独学で学ぶことが必須となってくるのです。

英会話スクールに通ったけど英語を話せるようにはならなかったという人は、この『独学』が抜けています。スクールに通うだけで全ての能力をまんべんなく伸ばしてくれるかと言えば、そうではないのです。

たとえば高校・大学入試や資格試験の勉強でも、学校の勉強だけで全てを済ませる人は殆どいないですよね。家で勉強するはずです。

英語もこれと一緒と考えてください。

それさえ忘れなければ、どこの英会話スクールに通っても、きちんと結果を出せるでしょう。最大のポイントは英会話スクールがどうということではなく、あくまでもそこに通う自分自身の学習姿勢にあるということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ