短期間の英語漬けは効果あり

日本で英語漬けになるのも効果あり

英語ができる人は、何も必ず海外留学をしているわけではありません。

私が所属していた英会話サークルでは、「英語を勉強するために海外に行く」のではなく、「英語が話せるようになってから海外に行く」のが普通でした。

つまり、在学中に既に英語がある程度できるようになっていたわけですが、その勉強の仕方は非常に独特でした。

夏になると、ホテルを借り切って、「英語しか話してはダメ」というルールのもとで合宿を行うのです(通称「イングリッシュオンリータイム」と言っていました。

期間は1週間ほどなのですが、合宿参加前と参加後では、英語の力が見違えるように伸びるのを実感できたものです。

このように、日本国内でも英語漬けになることは効果ありです。

短期間でも集中的に英語を学ぶ時期があれば、日本にいながらにして英語に対する感覚が強くすることは可能なのです。

ですので、「私は海外留学するお金がないから」などと悲観する必要は全くありません。

日本国内でも、留学に近い環境は作り出せるのです。

英語漬けは長期間でなくても効果が出る

今、英語で伸び悩んでいる人は、英語漬けの期間を一度持ってみることをお勧めします。

短期留学で語学能力が一気に伸びる方がいますが、単語・文法など英語の基礎がきちんとできた方であれば、このような現象は珍しいことではありません。

なぜなら、このような方に足りなかったのは経験だけだからです。

そして、集中的に英語に触れることで経験値を大幅に伸ばすことができます。

この「集中的に」というのがポイントです。

先ほど、私の英会話サークルの夏合宿の例は、期間的にはたったの1週間です。

でも、「短期間」でもよいので「集中」さえできれば、劇的な効果が望めます。

そうすれば、今までとはない上達を感じることができるはずです。

英語漬け集中学習で気をつける事

ただし、英語漬けの集中学習で気を付けなければならないことは1点だけあります。

それは、「基礎力がきちんとついている」という前提がなければ、何の意味もないということです。

基礎ができているからこそ、このような集中トレーニングは効果が出ます。

単語も知らない、文法も曖昧では、そもそも英会話になりません。

そのような状態の方は、まずは基礎固めとして、英単語、文法、口語表現のレパートリーを増やすことから始めてください。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ