英会話が上達する教材の共通点とは?

「英会話が上手くなりたいんですけど、どんな教材を使えばいいですか?」

誰しも、この類いの問いには、容易に答えられないものです。それこそ、CMの注意書きではありませんが、「効果には人によって個人差がある」からです。それは、英会話教材にも、そのまま当てはまります。

実際、その人の目的や、現時点での実力によって、最適な教材は変わってきます。

ただし、こういった質問をする方が初心者・初中級者といった前提でお話をすると、英会話が上手くなるために使用する教材は、「自分の口で英語を話すトレーニングを取り入れられている教材」が良いと思います。

言葉を覚えるには、五感を総動員するのが効果的だからです。日本の英語教育の場合、「読む・聴く」ことに片寄りがちですが、この二つの行動は、英語を自分のなかにインプットする作業です。

しかし、言葉を習得するには、覚えたことをアウトプットする作業も重要になります。具体的言えば、「書く・話す」ということです。

ただし、「書く」と言うことになりますと、英作文になりますが、英作文は実際の現場で交わされる話し言葉よりも高度な文章を書かされることが多いですので、自然に難易度が高くなってしまいます。

ですので、同じアウトプットをするなら、「話す(スピーキング)」を重視する方が初心者向きです。

試してみれば分かりますが、「話す」ことは自然に頭に残ります。そういった意味では効率的な勉強法です。さらに声を出すというのは、それ自体が楽しい作業なので取っつきやすいという効果もあります。

英語を勉強しようと思うんだけど、なかなか始められない、始めたとしても三日坊主に終わってしまうという人には、挫折を防ぐという意味でも、「スピーキングを重視した教材選び」は非常に重要だと思います。

スピーキングが出来る英会話教材

英会話教材というと、「英会話」なのだから話す練習をするものと思いがちですが、実際にスピーキングの練習ができる教材は、それほど多くありません。英会話教材と言いつつ、リスニングがメインとなっている教材が大半です。

そんな中で、以下の教材では、スピーキングの練習が実践できる教材となっています。

30日間英語脳育成プログラム
30日間英語脳育成プログラム

You can speak

スピークナチュラル

【各教材の特色】

30日間英語脳プログラムとスピークナチュラルは、一番初心者向けです。You can speakはTOEICで450~600点くらいのスコアを取得出来る人が、さらに英語を上達させるために利用するのに向いている教材です。他の教材と比べると、ややレベルが高いです。

他の教材についても、無料体験版が用意されていますので、それぞれ試してみて、自分に合ったものを選んでください。

いずれにしても、「英会話を上達させたかったら口に出す」

これが英会話上達の基本です。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ