英語が出来る人は有利ってホント?

このテーマは英語を学ぼうとするにとって、最も気になることだと思います。昔から、英語を話せると就職・転職に有利だとか、昇進しやすいということが言われていますが、実際のところ、どうなのでしょうか?

私の前職は、外資系の生命保険会社でした。また、退職後も色々な形で英語を使う機会が多いので、率直な感想をお伝えしようと思います。

まず、「英語が出来る人は有利なのか?」という問いに対する回答はYESです。

英語が出来て本当に良かったと心から実感しています。仕事でもプライベートでも、英語を話せない人よりも、かなり得をしていると感じています。

英語が話せれば就職や転職に有利であることは、今でも間違いない事実です。一言で外資系企業と言っても、その業務は様々です。仮に、その会社の本社がアメリカにあると言っても、その日本法人に勤める社員は全員英語が出来るわけではありません。

外国企業との取引の場に接する社員であれば、日常的に語学力が必要という事もありますが、その他大勢の社員は、そうでないことの方が多いのです。

もちろん、東京など都会では英語を話せる人は多いので、必ずしも語学力だけで有利な立場に立てるということはないでしょう。語学力に加えて、ある分野に対する知識やスキルを持っている必要があります。

ですが、やはり英語が話せないよりは、話せる人の方が、様々な出世の機会に恵まれます。仕事が出来る人が『英語が話せる』というオプションを持つとさらに有利になるのは間違いありません。

また、地方都市であれば、都会と比べると語学に堪能な人が少ないという事情もあって、英語が出来るということだけで評価されるケースもあります。たとえば少し規模が大きな製造業であれば、外国との取引は普通です。

そういった会社の地方工場であれば、語学力を活かして有利な条件で就職・転職することは可能だと思います。

ちょっと話が脱線しましたが、結論としては英語が出来れば就職・転職に有利になりこそすれ、不利になるようなことはないと思います。

また、プライベートな場面でも、自分とは根本的に考え方が違う人とコミュニケーションをとる機会が持てるので、そういった人とのやりとりから新たな発想が生まれることもあります。そのような異文化コミュニケーションは、自分のプライベートタイムをさらに充実させてくれるものです。

こういった海外との接触は自分の世界を広げてくれるので、単純に楽しいです。私は海外旅行が趣味ですが、外国の人と英語でコミュニケーションすることは、やっぱり楽しかったです。

それが結果的に仕事にも活きてくれば、言うことなしですよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ