イラン旅行記(12) イスファハンでの日々

エマーム広場近くの絨毯屋さんで、日本人旅行者が集まるAladdinというお店があります。

イランの大都市で散歩をしていると、必ずペルシャ絨毯の売り込みにあいます。この日も、エマーム広場の芝部の中央で寝転んでいると、売り込み少年にであいました。インドほどしつこくないので、撃退は簡単ですけどね(笑)

Aladdinさんの絨毯は結構品質が良かったです。ここでテヘラン大学で留学している日本人女子大生に出会いました。テヘランの留学話を色々と聞かせて頂いて、大変興味深かったです。

男性でもテヘランに留学なんて、なかなか考えないと思いますが、女性なのに思い切った決断ですよね。

いろんな貴重なお話を伺うことが出来て、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

また、このお店のご主人にも色々親切にしていただきました。

おいしいペルシャ料理のレストランを教えてもらったり、チャイをご馳走になったり・・・

イスファハンからテヘランへ戻る日には、タクシーを呼んでもらって料金交渉までしてもらいました。

日本語も非常に上手です。読み・書きまではできないので、旅行者の置いていったメッセージノートを読み上げてあげたりしていました(笑)

お店の前でご主人を写したものです。

訪れたのは、今から約10年前ですが、今でもお店はあるのでしょうか?あってくれれば良いんですけど・・・

この記事をご覧になっている方で、機会があってイスファハンに行くことがありましたら、、是非たずねてみてください。

もし、今でもお店があれば、エマーム広場をぐるっと一周すると見つけられると思います。

アラディン

 

※あ、ちゃんと写真掲載の許可はもらってます(笑)

サブコンテンツ

このページの先頭へ