英会話学校の正しい使い方

英会話学校と英語教材は併用すべきもの

良く「英会話学校に通ったけど、全然効果なかったよ」という声を聞きます。

確かに英会話学校は値段が高いという難点はあるものの、実際にネイティヴの方とダイレクトに会話ができるわけですから、それなりに有効であることは間違いありません。

では、なぜ多くの方が英会話学校に通っても効果がないのか???

その原因は、「英会話学校でしか英語を勉強しないから」です。

英会話学校の1レッスンは40分~60分です。

それを大体1週間に1回ペースで進めていくわけです。

しかし、それ以外の時間に英語の勉強をしないのであれば、1週間に40分程度しか英語に触れる時間がないことになります。

1週間に40分・・・

これではいくらなんでも英語が上達するわけがありません。

実は、大半の方が英会話学校の使い方を知らないのです。

英会話学校以外でも、きちんと英語の勉強はしなければいけません。

そして、その英語の勉強をするのに有効なのが、巷で販売されている英会話教材なのです。

そもそも、「英会話学校に通うのと英語教材を買うのと、どちらにしようか・・・」と悩むこと自体がおかしいのです。

英会話学校と英語教材は併用しなければなりません。

日々の英語の勉強を英会話学校で試す

いつも言っていることですが、勉強は継続しなければ能力向上につながりません。

また、英会話学校側も、中学・高校のように英語の基礎から教えようとは思っていません。

なぜなら、彼らのカリキュラムは会話能力の上達のために作成されているからです。

ですから、そのような分野については、自分で学習を進めていく必要があります。

この時に使うのが英語教材です。

ボキャブラリー不足、リスニング強化など、いろんな目的があると思いますが、それらの教材を使いながら、週末には英会話学校で実践する。

このプロセスを繰り返せれば、自然と英会話は上達していきます。

また、時間的・費用的な問題で英会話学校に通学するのが難しいという方は、オンライン英会話という選択肢もあります。

こちらは英会話学校にくらべ、費用も安く抑えられるので、日常英会話レベルであれば、こちらがオススメです。

いずれにせよ、せっかく英会話学校に通っても、おんぶにだっこでは絶対に上達しません。

自分の弱点は自分で補強する、若しくは苦手分野を通学前に克服しておくくらいの準備が必要でしょう。

英語教材はそのために存在するものだと思います。

英会話教室に通う前に

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ