30日間英語脳プログラムは最初の英会話教材としてオススメ!

いざ勉強をはじめようにも、どの教材を選べば良いか、わからなくなることはありますよね。

「英会話が出来るようになりたいけど、オススメの教材は?」

こんな質問をされたら、私としては「30日間英語脳プログラム」を迷うことなくオススメします。

30日間英語脳プログラムは初心者に最適な教材!そのココロは?

英会話は、基礎的な知識を押さえつつ、実際に口に出してみる作業が必要です。

しかし、初心者の場合、その勉強のバランスがわからず、勉強が偏ってしまいがちです。「覚えるとき(インプット)には徹底して覚え、話すとき(アウトプット)には徹底して話す」みたいに、一つの分野を集中して勉強しがちなのです。複数のことを同時進行で勉強するには、きちんとしたプログラムが事前に提示されていないと難しいですね。

「インプット → アウトプット」

この両者のバランスを取ることが、英会話を効率的に学ぶうえでは重要となってきます。

その点、「30日間英語脳プログラム」は、「覚える」と「話す」という二つの勉強を同時に実行することが出来るようプログラムされています。

収録されている単語・フレーズの量も、数百個になるので、教材のカリキュラムに沿って勉強するだけで、かなりの知識が身につきます。

もちろん、数百だけでは英語をネイティブ並にペラペラ話せるようになるには到底無理なので、この教材を全部終えた後も、参考書やほかの教材を利用して、勉強を継続する必要がありますが、最初の土台作りには最適です。

この教材は、英会話を学ぶために必要な学習法を網羅しているので、今後どのように勉強を進めていけば良いのか、英語の勉強法を学ぶという意味でもオススメです。

この教材で、英語を勉強する習慣を身につければ、別の学習素材で勉強する時にもスムーズに取り組めるでしょう。

30日間英語脳プログラムが終わったあとには、どんな勉強をする?

この教材が終わった後の具体的な勉強法ですが、文法と発音を勉強することをオススメします。

英文法と発音は言葉の基本ですから、目的が英会話であっても、最初のうちに勉強しておいたほうが良いからです。

最初に文法と発音の勉強をしてから、30日間英語脳プログラムに取り組んでみるということでもOKです。ただ、英語に全く慣れていない人が勉強するには、難しくて退屈な分野でもあるので、勉強しても頭に入ってこないという人は、後回しにしたほうが良いと思います。

文法と発音の勉強が終わったら、あとは英単語・フレーズの知識のストックを増やしていきましょう。そして、それを口から出して会話でも使えるように慣れていきます。

そうやって実力がついてきたら、オンライン英会話スクールや通学型のスクール、英会話カフェを利用して、フリートークにトライしてみるのもいいでしょう。

ここまで辿り着いたら、もう初心者は卒業です。後は実践を通じて、知識・経験をいくらでも増やしていけます。

30日間英語脳プログラムは、初心者卒業までの足掛かりを作ってくれる最高の教材と言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ