TOEIC対策教材ランキング(初級者編)

初心者向けのTOEIC対策教材を比較してみました

初級者の方(TOEIC350点~450点くらい)がTOEIC受験を考えた場合、最初にすべきなのは「基礎力の養成」です。正直、このレベルの方はTOEIC対策を練るよりも、英文法・発音・リスニングの基礎から固めた方が、ある程度の点数が取れますし、将来的なスコアの伸びにも繋がります。

TOEICは、特別な試験対策がなくとも、基礎力を養成するだけで600点くらいまでは十分に取ることが出来ます。それ以上のスコアを取ろうと思ったら、TOEIC対策教材を検討すれば良いと思います。

是非、参考にしてみてください。

分かる!解ける!英文法!
分かる!解ける!英文法!
初級者の方が第一に学習すべきは「英文法の基礎固め」です。英文法は英語の文章構成を理解するのには欠かせないからです。英文法教材は「難しい・つまらない・分からない」の3拍子揃っているものですが、この教材は非常に理解しやすく、実践的です。この教材で難しすぎる方は、さらに基礎編の「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」をオススメします。初級者の方は、この教材から英語を復習してみましょう。

UDA式発音PRO
UDA式発音PRO
英語初級者にありがちなのが「英語のカタカナ読み」です。しかし、この状態では、外国人が何を言っているのか分からないはずです。「リスニングを制するには、まず発音の理解から」なのです。この「UDA式発音PRO」は、英語の正確な発音の仕方を学習することが出来ます。内容もさることながら、価格もお求めやすくなっています。付属のヘッドセットマイクを使用することで、自分の発音チェックもバッチリです!

30日間英語脳育成プログラム
30日間英語脳育成プログラム
ある程度、基礎が固まった方には、この「30日間英語脳育成プログラム」がピッタリです。短期間で英会話の実力を伸ばせるようにプログラムされており、その効果は、海外取引が多い一部上場企業や航空会社が研修用として採用していることからも実証済みです。この教材をやり通せば、初心者から中級者まで確実にステップアップが見込めます。この教材をクリアできれば初級者は卒業です。現在、大変人気のある英語教材です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ