お勤め先はどちらですか?(Who are you with?)

初対面の方で、既にお勤めされていることがわかるような場合、相手がどこの会社に勤めてるのか興味がわきますよね。

特に日本人なら(笑)

外国人は、自分のキャリアは気にしますが、会社名までは気にしない方もいらっしゃるので、「どこの会社にお勤めですか?」というのは、意外に使わないフレーズですが、覚えておいて損はないです。

Who are you with?(お勤め先は?)

もちろん、「誰と一緒ですか?」という意味ではありません。What companyなどストレートな表現を避けている柔らかい表現です。

もうちょっと丁寧に言うなら、May I ask whom you are with?(どちらにお勤めか、お伺いしてもよろしいでしょうか?)となりますが、丁寧すぎて、逆に気持ち悪く感じる方もいるかもしれません。

ちなみに、「誰と一緒ですか?」は、Who did you come with?といいます。

Who are you with?は、ちゃんと「with」をつけましょう。

これをつけないと・・・

お前は誰だ!!

になってしまいます(笑)

細かい所ですが、非常に重要ですので、気を付けましょうね。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ